どうぶつたちの病院沖縄について

ナチュラルペットフーズ株式会社様よりコオロギ缶の寄贈をいただきました

2015年7月27日 09:48

先日、ナチュラルペットフーズ株式会社様より、たくさんのコオロギ缶を提供していただきました!

DSC_9225-2.jpg
ヤンバルクイナはコオロギが大好きです。毎日の給餌にはコオロギを欠かさず与えているのですが、どの個体も真っ先にパクッと一口で食べてしまいます!
たとえ体調が悪くて食欲が無い個体や、野生下から救護され、まだ飼育環境に慣れていない個体であっても、必ずと言っていいほどコオロギは食べてくれます。
これまで当法人ではたくさんのヤンバルクイナを育ててきましたが、その根底で支えてくれたひとつが、クイナに大人気のコオロギでした。

実は2007年2月より定期的に、イースター株式会社様からのご厚意でたくさんのコオロギ缶を提供していただいていました。
当時はヤンバルクイナがまさに絶滅の淵に立たされた状態であり、救護された個体を元気に回復させるには、しっかり食べさせることが肝心でした。また、飼育下繁殖や人工孵化・育雛の技術の発展とともに増えてきた飼育個体の健全な飼育をコオロギ缶が支えてくれました。

おかげ様で、2007年当時は約20羽だった飼育個体数が、今では約80羽にまで増えました!
長年にわたり、ヤンバルクイナの保全や私たちの活動にご理解・ご協力をいただいたイースター株式会社様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回、そのコオロギ缶の輸入元の変更に伴い、コオロギ缶の取扱いがイースター株式会社様からナチュラルペットフーズ株式会社様に変更となりましたが、大変ありがたいことに、ヤンバルクイナへのコオロギ缶の寄贈を、ナチュラルペットフーズ株式会社様も続けていただくということになったのです。
P7240261.JPG
イースター株式会社様のコオロギ缶(左)とナチュラルペットフーズ株式会社様のコオロギ缶(右)。

ナチュラルペットフーズ株式会社様、コオロギ缶の寄贈を引き継いでいただき、大変ありがとうございます。応援してくださる方がたくさんいらっしゃることを、改めて実感しています。ご厚意に応えられるよう、これからもスタッフ一同、沖縄の希少種の保全に精一杯取り組んでいきます!
このページのトップヘ